2014.3.24
今日の長野は暖かい一日になりました。
16度ぐらいまで上がったようです。

大門の現場は、いよいよ断熱工事に取り掛かりました。
職人はいつもの徳間さん、細かな部分にも
きちんと羊毛を充填させてくれます。

自然素材の断熱、透湿が一番の特徴です。
もちろん高い断熱性能です。

きれいに施されています。

さて現場には、またいよいよですが・・・
床板が入って来ました。

長野県産のひのき材、厚みは25㎜ものです。
現場内は、いい香りが漂っています。



ページの先頭へ