2014.2.28
善光寺の交差点、大門町もようやく雪が融け
いつも通りの風景がもどって来ました。

この大雪で少々工期が遅れ気味ですが、これからしっかり
丁寧に挽回して参る所存でございます。

さて、上の写真。
現場の屋根に写る小さい人影は、今回屋根工事を担当して
おります、瓦職人の宮尾さん(二代目)です。
高いところの仕事、毎日が危険な場所での作業です。

いまはダイコクの瓦工事は、すべてこの宮尾さんにお任せ
させて頂いております。今回使用している瓦は「いぶし瓦」
といい、瓦の芯まで灰色、つまり表面を塗装したものとは違い、
経年するにつれて、渋みのある表情に変化していく瓦です。

今回使用している瓦は、流行に流されず、昔ながらの技法で焼かれ、
無垢の木材と同じく歳月の経年変化が楽しめる材料です。

瓦工事だけで、およそ1ケ月を要します。


ページの先頭へ