2014.1. 6
1月6日午前6時。
人通りそしてバス運行に支障がない時間帯をねらい
材木の搬入が始まりました。

まだ暗い中、今朝は土台を運び入れました。
長い期間をかけ手刻みされた材木を
大工の加工小屋から現場まで無事
運び入れることが出来ました。

すべての土台が搬入し終わる頃は、日が差し始めていました。
大工の加工小屋から、舞台はいよいよ大門町の現場へと移ります。


ページの先頭へ