2013.10.15
お施主様と東濃へ。
大門プロジェクトで使う木材の製材風景を見学に本日岐阜の東濃へ行って来ました。

自邸に使われる木材が、どの辺りの山から採れ、
どうやって製品になって我が家に届くのか・・・
今回お施主様のご希望にお応えし、
設計担当の建築家小林一元氏にも
同行して頂き伺った次第です。

一番の目玉は、上の写真にある9寸角の7Mにおよぶ柱材です。
これだけまっすぐな節無はそうはありません。
用意くださった材木屋さんに心から感謝を申し上げます。

製造過程を見学するって本当にいいものです。
「ダイコク」と書かれている材木のひと山ひと山を見て、
感動せずにはいられませんでした。

これらの木材たちと現場で再会することを楽しみに、東濃を後にしました。


ページの先頭へ