2013.8.29
善光寺大門町の現場です、いま埋蔵文化財の調査が行われています。
歴史ある街並みだけに、古銭やお皿、そして井戸や江戸末期に起きた善光寺地震の際に発生した火災の跡など、物や地層において貴重な資料が発見されています。

丁寧に説明してくださっている方は、長野市教育委員会の埋蔵文化財センター主事の塚原さん。社員も興味津々です。ダイコクも貴重な経験をさせて戴いております。


ページの先頭へ